2016年09月25日

「西洋唐草」100年先も美しい彫刻の指輪

彫刻の指輪ゴールドリング広島結婚.jpg
☞西洋彫刻の指輪/コンテクラシコゴールドリング

ヨーロッパ中世に発祥した西洋彫刻の指輪。
その技術は職人から職人へと伝えられ今日にいたります。
美しいディティールは昔も今も人々の心に感動を与え、
今もなお愛されています。

彫刻の指輪広島ジュエリーリング.jpg
☞彫刻の指輪は熟練の職人の匠の技。

彫刻の指輪は鏨(たがね)という道具で彫ります。
適度な角度、力具合、正確な位置、
金種によっても力の掛け具合は変わるようで、
とりわけ粘り強い性質をもつプラチナは難しいようです。
わずか2.5ミリの世界に織りなす彫はまるでアートのようです。

西洋彫刻の指輪結婚ゆびわ広島つた植物模様.jpg
☞日々の暮らしとよくなじみます。

彫刻はキラキラと輝き、とても清楚。
ダイヤなどの宝石とは違う、温かみのある輝きをします。

紋様にも意味があります。

彫刻の指輪プラチナアラベスク西洋.jpg
☞西洋唐草/アラベスク:繁栄、成長

生命力のつよいアラベスク、力強さを感じさせます。


彫刻プラチナ指輪職人技リング.jpg
☞忘れな草/あなたを想う、真実の愛、想い出

かわいい忘れな草、可憐で華やかさがあります。

月桂樹彫刻プラチナリング.jpg
☞月桂樹/優勝・成功・冨をおさめる

ギリシャ神話など古来から度々登場する月桂樹。
神聖なものなのでしょうね。

15世紀ごろの人々も、今生きる人々も、
彫刻の美しさやそこに宿る紋様の意味を感じ、
魅了される指輪なのです。

100年先まで美しいと言われる指輪。
スノウのクリエイターがお届けします。











posted by スノウ at 15:36| 作品のこと